Hon’ble 人材開発大臣による省の HRD の 100 日間の議題の発表に従って、高等教育部門における遠隔学習に関する新しいポリシーが起草されました。
バックグラウンド
1. インド憲法附則 7 のリスト 1 のエントリ 66 に関して、議会は、研究のための高等教育機関および科学技術機関における基準の調整および決定のための法律を制定する権限を有します。議会は、この責任を果たすための法律を制定しました。一般的な高等教育については大学補助金委員会 (UGC)、技術教育については全インド技術教育評議会 (AICTE)。および他の分野の他の法定機関。高等教育に関しては、遠隔モードを通じて、1985 年のインディラ ガンジー国立公開大学 (IGNOU) 法が、とりわけ次の 2 つの主な目的で制定されました。遠隔地や農村地域に住む特に恵まれないグループ、成人、主婦、働く人々。(b) 国の教育パターンにおいてオープンユニバーシティおよび遠隔教育システムを奨励し、そのようなシステムの基準を調整および決定すること。
2. インドにおける遠隔学習または遠隔モードによる教育の歴史は、大学が通信教育局/通信教育学部を通じて通信コースという名前で遠隔モードによる教育を提供し始めたときまでさかのぼります。当時、人文科学および/または商業のコースは、通常のコースの席数の制限、雇用可能性、高等教育機関へのアクセスの問題など、さまざまな理由により、通信を通じて提供され、受講する人々によって行われました。 ., 従来の「対面式」モードの「クラス内」プログラムに自分自身を登録することができませんでした。
3. 最近、高等教育の重要性が認識されたため、高等教育に対する需要は全国的に非常に増加しましたが、高等教育のシステムはこのますます増加する需要に対応できませんでした。
4. このような状況下で、みなし大学、私立大学、公立(政府)大学、さらには学位を授与する権限を持たないその他の機関を含む多くの機関が、多数の遠隔教育プログラムを提供することで状況を利用し始めています。人文科学から工学および管理などに至るまで、さまざまなレベル(学部および大学院の学位への証明書)の分野の。これらの教育機関の一部が、標準以下の/質の低い教育を提供する「学位取得工場」になる可能性が常にあり、その結果、遠隔モードで授与される学位やその他の資格の信頼性が損なわれます。これには、関連する法定当局、主にUGC、
5. インド政府は、1995 年 3 月 1 日付けの官報通知第 44 号により、遠隔モードで取得した学位の認定に関する立場を明らかにしました。
6. 上記 4 項で言及したリスクにもかかわらず、質の高い教育と訓練を提供する上での遠隔教育の重要性を無視することはできません。遠隔教育モードは、次の点で重要な役割を果たします。
(i) 対面式の教育に直接アクセスできない人々、社会人、主婦などに学習の機会を
提供する (ii) 働く専門家に知識を更新する機会を提供し、新しい分野への切り替えを可能にするキャリアアップのための資格を高めます。
(iii) 教育および学習プロセスにおける情報通信技術 (ICT) の可能性を活用する。
(iv) 第 11 次計画の終わりまでに GER の 15%、第 12 次 5 カ年計画の終わりまでに 20% の目標を達成する。
7. 高等教育における基準の決定と維持に関する憲法上の責任を果たすために、様々な法定規制当局間の調整を確保することにより、また、すべてのクロスの願望を満たすために、国内のオープンおよび遠隔教育システムの促進を確保すること- 高等教育を受ける人々のセクションでは、遠隔学習に関して次の方針が定められています。
(a) インドの大学およびその他の教育機関が授与する学位/卒業証書および証明書の信頼性を確保するため、また、さまざまなモード [つまり、対面および遠隔] を通じて、さまざまな分野における高等教育の基準の規制における適切な調整を確保するため、ヤシュ・パル教授委員会/国家知識委員会の勧告に沿って、頂点機関、すなわち高等教育研究のための国家委員会が設立されるものとする。オープンと距離に関する常設委員会
同委員会の教育は、遠隔モードによる教育水準の調整、決定および維持の仕事を引き受けるものとする。この機関の保留中の設立:
(i) 広範な実践的なコースワークを含まないプログラムのみが、遠隔モードで許可されるものとします。
(ii) 必要な単位数、単位が割り当てられたコースのリスト、参照文献を示す遠隔モードで提供されるプログラムの概要を説明するために、必要に応じて、大学/機関は、条例/規則/ルールを作成する必要があります。自己学習教材、学習時間、スタディ センターでのコンタクト クラス、課題、試験と評価のプロセス、成績評価などに加えて、
(iii) IGNOU の DEC は、専門家チームによる遠隔教育プログラムの実施に関する大学/研究所の能力のみを評価し、その報告書は検討のために DEC 評議会に提出されるものとする。
(iv) 承認は、DEC 議長によるものではなく、DEC 評議会による検討後にのみ与えられるものとする。この目的のために、DEC の必須会議の最小数を規定することができます。
(v) AICTE は、1987 年 AICTE 法第 20 条 (1) に基づいて、全米認定委員会によって、遠隔モードを通じて機関/大学によって提供されることを目的としたコンピューター サイエンス、情報技術、および管理のプログラムの認定を確実にするように指示されます。 (NBA)。
(vi) UGC と AICTE は、それぞれの法律の第 20 条 (1) に基づいて、その権限の下で遠隔モードを通じて提供される、さまざまなプログラム/コースの基準を規定する詳細な規則を作成するよう指示されます。
(vii) 1985 年以前に議会/州議会法によって、またはそれに基づいて設立された大学を除き、いかなる大学/研究機関も、今後、DEC の承認および NBA による認定なしに、遠隔モードを通じてプログラムを提供してはならない. ただし、すでに人文科学、商業/ビジネス/社会科学/コンピューター科学、情報技術および管理のプログラムを提供している大学/機関は、1 年以内に DEC から新たな承認と NBA からの認定を取得することを条件として、継続が許可される場合があります。失敗した場合、彼らはプログラムを中止しなければならず、彼らに登録された学生の学歴と経済的損失に関する全責任は、そのような機関/大学にあります.
(viii) Apex Court の観察に照らして、遠隔教育の当局によって付与された事後承認は尊重されず、今後は付与されないものとします。ただし、1991年以前に人文科学・商学・社会科学系の教育課程として設置された大学は対象外とする。
(ix) DEC およびその他の法定機関の事前の承認を得ずに大学から遠隔モードで学位を授与された学生は、UGC、AICTE、またはその他の機関によって規定された最低基準の要件を満たす場合、1 回の機会が与えられるものとします。試験を実施するために指定された大学によって決定された論文の試験に登場すること。これらの学生がこの試験に合格した場合、当該大学は証明書を発行します。学位は、上記の資格証明書とともに、中央政府の下での雇用/昇進の目的で認められる場合があります。
(x) 1995 年 3 月 1 日付の官報通知第 44 号を参照して、1985 年以前に議会法または州議会法によって、またはそれに基づいて設立された大学によって授与される学位/卒業証書には適用されないことを明確にする。人文・商学と社会科学の流れで。
(xi) 以降のパラグラフで説明されている政策イニシアチブは、遠隔教育を提供している/遠隔教育を提供しようとしている機関に等しく適用されるものとします。
(b) 遠隔モードを通じてプログラムを提供するすべての大学および機関は、そのようなプログラムを提供するための事前の承認/承認、および指定された管轄当局からの認定を、それらによって提供されるプログラムに関して強制的に取得する必要があります。これに違反した者は、法律で定められた適切な罰則を科されるものとします。遠隔モードで教育を行っている大学/機関で、誤った/虚偽の情報を提供したり、故意に情報を隠蔽したりして、学生/人々の不正行為に関与したことが判明した場合も、法律の罰則に基づいて厳正に対処する必要があります。
(c) 大学/研究機関は、面と向かってカウンセリングを行い、困難を取り除くため、またその他の学術的および管理上の支援を求めるために、独自の研究センターを持たなければならない。公立か私立かを問わず、大学や機関による遠隔教育のフランチャイズは許可されないものとします。
(d) 大学/教育機関は、従来のモードを通じてキャンパスで提供されているプログラムを、遠隔モードを通じてのみ提供するものとします。オープンユニバーシティの場合、遠隔モードで関連プログラムを提供する前に、必要な学部と学部を備えている必要があります。
(e) 遠隔教育を提供するすべての大学および教育機関は、プログラムの提供、学生の管理、および Web ポータルまたはその他のプラットフォームを介した大学業務の管理において、情報通信技術 (ICT) を使用することが義務付けられます。上記のプラットフォームは、法定およびその他の承認に関する情報を、遠隔モードで提供されているプログラム、その認定および登録されている学生などに関するその他の必要な情報とともに、常にパブリックドメインで表示するものとします。学問の追求または雇用を目的とした学位の認定について利害関係者が意見を述べるのを容易にするための全国データベース。
(f) すべての大学/教育機関は、遠隔モードによるプログラムの配信/提供のために、e ラーニング コンテンツを最適に使用する必要があります。また、クリーンで公正かつ透明な検査を実施するために、電子監視技術を採用することが奨励/要求されるものとします。
(g) 遠隔教育の焦点は、僻地や農村地域に住んでいるなど、教育的に不利な状況にある人々、選択した教育へのアクセスがない、または制限された成人などに教育の機会を提供することである.
(h) 柔軟で必要に応じた学習を促進するために、選択に基づく単位取得システムが促進され、すべての ODE 機関がこのシステムを採用し、学生が成功裏に修了したコースの単位を受け入れ、譲渡するためのメカニズムを進化させることが奨励されるものとします。対面または距離モード。そのために、信用銀行の設立が考えられる。同様に、対面モードのプログラムを提供する従来の大学は、学生が遠隔モードで取得した単位を受け入れるよう奨励されます。年次から学期制への切り替えが不可欠です。
(i) 従来の大学の対面モードの教育部門と、遠隔教育部門/通信教育部門、および遠隔教育を提供するオープンな大学/機関との融合は、距離と従来の顔のギャップを埋めるために印象づけられるものとします。教育の対面モード。
(j) 評判の良い海外の教育提供者は、自国の管轄当局によって十分に確立され、認められ、認定されており、インドで教育プログラムを提供する意思がある場合、その国の法的要件を満たすことを条件として許可されるものとします。
(k) ODE 機関のネットワーク化のための国家情報通信技術インフラストラクチャは、情報通信技術による教育に関する国家ミッションの下に作成されるものとする。
(l) 電子図書館、デジタルデータベース、オンラインジャーナル、定期的なワークショップ、セミナーの開催などのインフラストラクチャを設定することにより、オープンおよび遠隔教育 (ODE) システムの研究に適した環境を作成するための努力が行われる。
(m) ICT の使用と自己学習の実践に焦点を当てた、ODE システムの教育者と管理者のためのトレーニングとオリエンテーション プログラムが奨励されるものとします。
(n) ODE 機関は、障害のある学習者および高齢者の教育ニーズに配慮するよう奨励されるものとする。
(o) 雇用を目的として遠隔モードで取得した学歴の認定の問題を明確にする公式の通知が発行されるものとします。
If you need any kind of information on this article related topic click here: アガルート 評判